冒険家養成遊具!? 世界最高峰を渡り歩く遊具完成

この春、オープンした兵庫県豊岡市の植村直己冒険館「どんぐりbase」の屋内遊具「ホワイトあみあみマウンテン5ピークス」の供用後の遊具確認に行ってきました。

植村直巳さんが世界初成し遂げた、五大陸の最高峰登頂の山々をイメージしたネット遊具。天井から吊った山々を登り、時には滑ったりと登山遊びができる、冒険家養成遊具!?を今回レポートします。

ゆらゆらゴロゴロ遊具始めは、地下階が透けて見える恐怖を乗り越え、ふわふわ雲海を渡っている様な楽しい二人。大きな窓の外の公園の木々を眺めながらゆったりまったり。

真っ白でシンプルな見た目だからこそ、子どもたちの空想のキャンパスになり、色々な遊びを誘発します。
この子たちもなんだかお姫様を助けに行く冒険の相談をしていました。

少しずつネットを登っていき中腹あたり。
不健康な一部の大人は、足を取られ日ごろの運動不足を痛感する頃。
でも、子どもたちは、早く登ろうと楽しそう。チョット待って!!

 

滑ってあそぶネット遊具頂上から見た風景。ネットの山を登ると下から見ているより高さがあることがわかります。
ネット全体が斜面になっており、奥行きもゆったり。

彼女たちの冒険も終盤にかかってきているようです。チョットしたお芝居が始まりました。夢中です。なぜか瞑想も始まりました。

山頂に登ったと思ったら、一気に滑り下りていきます。
展開が速くお姫様救出の冒険は、どうなったかは不明ですが、この笑顔なのできっと成功でしょう!

いかがでしょうか?アイテムいっぱいのカラフルな遊具も楽しいのですが、シンプルでありながら、色々な感覚を刺激するネット遊具だかこそ、子どもたちの空想を刺激する、冒険家養成遊具です!

そんな特注遊具だからこそ、オリジナルコンセプトにあった遊具をご提供できます。

遊具、公園施設に関するご相談は
株式会社 岡部 公園施設部
富山県 総合建設業
HPのお問い合わせフォーム または、TEL 076-441-4561 までお気軽にどうぞ

スタッフF


 

もっと遊びたい
泣く冒険家

子どもたちの冒険も終わり、私たちも帰ろうとしたその時、冒険家の一人は、ママに帰ろう言われて「まだ遊びたい‼」と泣いてひっくり返ってしまいました。
親御さんには悪いとは思いますが、遊具を作っている者としては、最高の誉め言葉で、ちょっと顔がニヤケテしまいました。

 

泊まれる遊び場

施設の詳細は、公式HPでご覧ください。ナント!この遊び場で宿泊できるそうです。

公式HP:植村直己冒険館 https://boukenkan.com/

植村直己冒険館「ホワイトあみあみマウンテン5ピークス」/兵庫県豊岡市

最高峰の山々をイメージした遊具

冒険家 植村さんが世界で初めて制覇した
五大陸の最高峰をイメージした真っ白な遊び場

公園で見つけた自分だけの映えスポット

みなさん、お気づきでしょうか?11月です。(笑)
そして、2021年はあと2ヶ月あまりしかありません。

コロナ禍でイベントや行事が縮小、簡略化されてしまい、
四季の移ろいを楽しむ間もなく秋を迎えてしまいました・・・。

さて、そんな中でもお近くの公園に出かけてみてください。
きっと普段気が付かなかった自分だけの原風景。
こんな時だからこそ、身近にあるけど見落としてきた風景が意外とそばにあるものです。
(なんかそんな様なフレーズの歌ありましたね?笑)

最近、急に寒さを感じた貸し切りの公園を点検しますと、
土手沿いを走るトラックが気になり、思わずパシャリ!
本日の公園は完全貸し切りだったため、こども達に好奇な目で見られることもなく、
無事点検し終えることができました。
土手を走るトラックがおもちゃのようなシルエット

是非OKABEのInstagramのフォローお願い致します。
リンクはこちらです→https://www.instagram.com/okabe_koen/?hl=ja

—————————————————————————————————–
遊具、公園施設に関するご相談は
株式会社 岡部 公園施設部
富山県 総合建設業
HPのお問い合わせフォーム または、TEL 076-441-4561 までお気軽にどうぞ!